ウエディングドレスへリメイク

35年以上前に、お母様が結婚披露宴で着られたイブニングドレスを、ウエディングドレスにリメイクして欲しい。とのお問い合わせをいただきました。

拝見すると、上品なクルーネックにロングスリーブのソフトスレンダードレス。素材は、花柄のモチーフが刺繍されたレース生地が使用されていました。
新婦さまのご希望を伺うと、思い切ってビスチェに変えてしまいたいとのこと。また、バックスタイルにクラシックな印象のトレーンが欲しいとのことでした。

刺繍の色目が、ほんのりアイボリー色だったので、上質なクラシックさを加えるのに、シャンパンカラーのシルクシャンタン生地を使用してトレーン作ろう。ということになりました。実際、仮縫いを行ってみて、デコルテはすっきり見えるストラップに変更し、ハイウエストの切替部分にもシャンパンカラーを加えました。
また、ビーズアクセサリーづくりが得意な新婦さまは、ドレスの色目に合わせて、ご自分でティアラやアクセサリーを作られました!とても素敵なアクセサリーに合わせて、ドレスにもビーズ等をつけて仕上げさせていただきました。

リメイクドレス-front-リメイクドレス-back-

バッスル調のトレーンに、片結びのリボンを付けて仕上がったドレスは、お母様のドレスの印象を残しつつ、まったく別デザインのシンプル&クラシカルなエンパイアドレスに変身です!

余り生地では、お母様がリングピローを作られたりと。
手づくりのぬくもりいっぱいの素敵なお式となっていることでしょう!
おめでとうございます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です