フランス製リバーレースを使用したオフショルダードレス

初めてご来店いただいたのは、ちょうど半年くらい前だったでしょうか。お式は、7月に西宮神社にて挙げられ、その後に、パーティーで着られるウエディングドレスの準備をスタートしました。
そして本日、メゾン・ド・ジル芦屋にて披露パーティーです。
おめでとうございます☆

ドレスのご希望のイメージをお伺いすると、Aライン系でデコルテをすっきり綺麗に見せてくれるオフショルダーが良いとのことでした。
ご試着されたドレスのお写真を拝見したり、お話をすすめていくと、柔らかな新婦様の雰囲気を生かし、また会場のグリーン溢れるガーデンの雰囲気とに映える柔らかく軽やかな素材オーガンジーを使用するデザインが良いのでは!ということになりました。また、タイムリーにドレスの雰囲気にぴったりのお勧めフランス製リバーレースが入手出来たので、こちらを使用することに決定です。

リバーレースを使用したオフショルダードレス
リバーレースを使用したオフショルダードレス

オフショルダーのラインやスカートの動き&ボリューム感、レース使い等は、実際仮縫いをしながら、一番バランスの良いシルエットを調整して仕上げていきました。
お気に入りのウエディングドレス一着でお過ごしいただくので、スモークピンクの流れるようなコサージュを、胸元とバックに付けてのスタイルチェンジです。

リバーレースを使用したオフショルダードレス

新婦様にとてもお似合いな、クラシックな雰囲気の中に、優しく柔らかな印象のドレス。お気に入りのウエディングドレスで、今日の晴れの日を、とびっきりの笑顔で迎えられていることと思います!

シャンブレーオーガンジーのオーバードレス

数年前に着られたオフホワイトとシャンパンのツートーンカラーにビーズをあしらったウエディングドレスを、ゲストドレスとして使用したいとのご依頼で、リフォームさせていただきました。シンプルなシルエットなのですが、綺麗に付けられたビーズやアシンメトリーのデザインを無くしてしまうのはもったいないように思い、ドレスの丈を短くして、その上に装うオーバードレスをお作りすることにしました。

オーバードレス

ドレスの色に合いそうな、縦糸と横糸に茶と黒の別色が使用された光沢の綺麗なシャンブレーオーガンジーを使用しました。シックな色目ですが、生地の動きや角度によって色目に変化があり、ほどよい華やかさも感じられる素材。その質感を生かすために2重にして仕上げました。
オーバードレスとベースのドレスに統一感を持たすために、ドレスの胸元に、焦げ茶のシルクサテンでアクセントをつけました。オーバードレスのハイウエスト切替部分にも、同じくシルクサテンを使用することによって、すっきり見えるシルエットに仕上がったように思います。

丈を短くしたドレス単品でも、勿論着ていただけますし、オーバードレスを他のワンピースに合わせて着ていただいても、また違った雰囲気でお召しいただけます。
眠っていたドレスを、沢山活躍いただけたら嬉しく思います!

靴のオーダー始めました!

この度、靴のオーダーをスタートさせることになったので、紹介させていただきます。
サンプル用2足と、やはりお客様にお勧めするとあっては、実際自分が履いてみなければ!と自分の靴を1足作ってもらいました。
熟練の職人さんが、一足一足手づくりで仕上げてくれます。

オーダー靴1

まず1足目は、ドレス生地を使用して作っていただきました。
オーダードレスに合わせて、ドレスの共生地で作る靴って、贅沢感たっぷりで、やはり憧れじゃないでしょうか!オフホワイトのシルクシャンタンに、アイボリーの小花柄のレースを組み合わせて作ってもらいました。安定感のある7cmヒールで、履き易いデザインです。

オーダー靴2

続いて2足目です。
こちらは、ベージュエナメルのクロコ型押しレザーを選んで作っていただきました。
アイボリー系~シャンパンカラーのドレスに合わせても素敵な柔らかい色目で、程よい華やかさの感じられる仕上がりになりました。ヒールは9cmあるのですが、驚く程歩き易く、足をとても綺麗に見せてくれます。式後も、普段使いとして使えるデザインのパンプスとしてお薦めです。

オーダー靴3

最後に、私の靴です。
焦茶のオーストリッチ型押しレザーで、アンクルベルト付ウェッジソールのパンプスを作っていただきました。このデザインは、手持ちのお気に入りの靴を渡して、真似て作ってもらったものです。ハラコにしたかったりもしたのですが、痛みが早かったりするので、永く使えるようこちらの革をチョイスしました。足入れもよく、とっても歩き易く仕上がっていました。

足もとのお洒落って、やはり大切だと思うから、ウエディングドレスに合わせる靴にも思い入れの一足を見つけていただきたく思います!

花びらをイメージしたデザイン

本日、チャータードスクエアにて挙式です。おめでとうございます!

今回のデザインは、新婦様のお母様が昔デザイナーをされていたとのことで、お母様にデザイン画を描いていただいて、ドレスに仕上げていきました。
ハイウエスト切り替えの身頃は、花びらをイメージしてたっぷりのギャザーをよせて形作ったデザインです。バックは、編み上げにして、トレーンはドレス共生地のシルクサテンオーガンジーとシルクオーガンジーを重ね、流れるような動きが出るように仕上げました。

-front1-
-back-

お気に入りのウエディングドレス一着で過ごされるので、ウエストリボンをキラキラのスパンコールに変えてのスタイルチェンジです。

-front2-

新婦様のご要望と、お母様のデザイン。そして、それを仕上げていく役目の私と。3人の合作のウエディングドレスですね。イメージ通りのドレスをありがとうございました!と、大変喜んでいただき、私もとっても大満足。

シンプルな中に、ほんのり甘さを感じさせるクラシカルなウエディングドレス。新婦様に、ホントお似合いで!また、会場の雰囲気にもしっくり合った素敵なセレモニーとなっていることでしょう。

ウエディングドレスへリメイク

35年以上前に、お母様が結婚披露宴で着られたイブニングドレスを、ウエディングドレスにリメイクして欲しい。とのお問い合わせをいただきました。

拝見すると、上品なクルーネックにロングスリーブのソフトスレンダードレス。素材は、花柄のモチーフが刺繍されたレース生地が使用されていました。
新婦さまのご希望を伺うと、思い切ってビスチェに変えてしまいたいとのこと。また、バックスタイルにクラシックな印象のトレーンが欲しいとのことでした。

刺繍の色目が、ほんのりアイボリー色だったので、上質なクラシックさを加えるのに、シャンパンカラーのシルクシャンタン生地を使用してトレーン作ろう。ということになりました。実際、仮縫いを行ってみて、デコルテはすっきり見えるストラップに変更し、ハイウエストの切替部分にもシャンパンカラーを加えました。
また、ビーズアクセサリーづくりが得意な新婦さまは、ドレスの色目に合わせて、ご自分でティアラやアクセサリーを作られました!とても素敵なアクセサリーに合わせて、ドレスにもビーズ等をつけて仕上げさせていただきました。

リメイクドレス-front-リメイクドレス-back-

バッスル調のトレーンに、片結びのリボンを付けて仕上がったドレスは、お母様のドレスの印象を残しつつ、まったく別デザインのシンプル&クラシカルなエンパイアドレスに変身です!

余り生地では、お母様がリングピローを作られたりと。
手づくりのぬくもりいっぱいの素敵なお式となっていることでしょう!
おめでとうございます!!

オフショルダーのエンパイアドレス

本日、ハワイでのお式に向けて出発のご予定。
素敵なお式となりますように☆

デザインの打合せの時、好きなドレスのイメージを伺うと、優しい印象のエンパイアラインをご希望されました。新婦様の雰囲気にお似合いになるシルエット。よくご自分に似合うものを理解されているなぁと。その新婦さまの雰囲気にさらに合うよう、プラス上品さを加えたく、デザインを練っていきました。

エンパイアといっても、キュートな印象のものからモダンな雰囲気まで、使う素材やボリューム感、ディテールによって様々な表情を出せるのがオーダーならでは、だと思います。

スノーホワイトの柔らかなジョーゼットを、ギャザー使いにしたオフショルダーの身頃に、フレアーで広がるスカートには、同じくジョーゼットの生地をたっぷり2重に使用して、オーバースカートに仕上げました。バックスタイルは、ギャザーを寄せて流れるようなトレーンに共生地のコサージュ。シンプルなドレスに切替部分とオーバースカートからトレーンにかけて、レースのふちどりをアクセントにプラスしました。

オフショルダーエンパイアドレス-front-
オフショルダーエンパイアドレス-back-

ほんのりエレガントさを漂わせながら、透明感たっぷりの優しく柔らかな表情のエンパイアドレス。数回の仮縫いを経て仕上がったドレスは、やはりとっておきの!新婦さまのためのウエディングドレスですね。

パーティー用*シンプルドレス

先日、遠くイギリスでのお式&パーティーを終えられたとの嬉しいご報告をいただきました。

最初にご来店いただいたのは、今年の年始め頃だったでしょうか。8月にイギリスでのパーティーと、12月に日本でのパーティーを予定されているとのことでした。4月には、イギリスに向かわれるご予定に合わせ、ドレスをご準備させていただいたのが、なんだか懐かしく感じてしまいます。

シンプルドレス-front-シンプルドレス-back-

新婦様とお話しながら、また新婦様の雰囲気を拝見していると、とってもシンプルなラインのドレスがお似合いになるに違いない!と。
提案させていただいたドレスは、フロント部分のダーツもいっさい省いたボートネックのノースリーブドレスです。バックには、共生地で作ったくるみボタンを並べて、プリーツを入れました。素材は、シルクシャンタンのシャンパンカラーを使用しました。また、羽織ものがあったほうが良いかな、というご希望に合わせて、ゴールド刺繍の入ったフランス製チュールレースを使って、ロングボレロをお作りました。ボレロで、ほんのり甘さを感じるデザインです。

レースボレロ
レースボレロ

シンプルな装いを上手く着こなすことって、むつかしいことかもしれません。でも、シンプルだからこそ、着る人の魅力を充分に感じさせてくれる。そんなドレスに仕上がったと思います。
今回は、お母様の黒レースのボレロもお作りさせていただきました。
12月のパーティーも、とても楽しみですね!

メゾン・ド・ジル芦屋*ブライダルフェア

週末、取引先レストラン「メゾン・ド・ジル芦屋」にて、ブライダルフェアが開催されました。あいにくの空模様だったのが、残念でした・・

フェア冊子

今回もフェアの冊子をアトリエミュウにて、担当させていただきました。当日のスケジュールや館内案内等々の詳細を、プランナーの方と打合せを重ねて、仕上げていったものです。
デザインの方は、ペーパーアイテムの宣伝を兼ねさせてもらっているので、既存のデザインを少しアレンジしたものです。今回は、アイボリーカラーの柔らかな印象のフェザー付きにしました。

また、1階ラウンジのコーナーに、オーダーのウエディングドレスやリングピロー、ゲストブックのオリジナルブライダルグッズからペーパーアイテムまですべて展示させていただき、ミュウコーナーを作っていただきました。
ありがとうございました!

ワンショルダーのエンパイアドレス

昨日、アトリエミュウ同ビルの異人館倶楽部パートIIの3Fにある会場にて、挙式が行われました。式後は、同じく3Fにあるイタリアンレストラン「アリーチェ」でのパーティー。夏らしい晴天の中、お二人らしいとても楽しく和やかで素敵なお披露目となりました。

セレモニードレス1
セレモニードレス2

初めてご来店いただいた時、10月のハワイでのお式と8月8日のパーティー日取りが決まっているものの、会場はまだ決まってなく、会場よりもドレス!ということで、デザインを練っていきました。
ショルダーのラインが綺麗に見えるエンパイアドレスが良いとのこと。
バックスタイルに動きのあるふんわりトレーンが欲しいこと。
また、編み上げを入れたい。
等々が、新婦様のご希望のイメージだったでしょうか。

セレモニードレス3
セレモニードレス3

デザインを検討しながら、生地サンプルを見ていただいていると。
「この生地、大好きです!」と。
それは、私が個人的にお気に入りの、ジョーゼットにドットの模様とキラキラ輝くオパールがついたちょっと個性的な素材。その一言に、私も嬉しくテンションがあがってしまいました。
そして、パーティー用のアレンジとして、ホワイトのウエディングドレスにブラックを加えるというデザインも、とても気に入っていただき、お洒落にとてもお似合いのドレスに仕上げることが出来ました。

パーティードレス1
パーティードレス2

ドレスが決まったら、ひとまず一安心。次は会場ということで、今回はご近所さんアリーチェを紹介させていただきました。さらにお話を伺っていくと、ハワイでのお式は新郎新婦さまお二人だけのご予定とのこと。では、せっかくなので、お披露目のお式もしたいね。という不思議~な順序の流れで、この晴れの日を迎えられました。

ドレスの共生地で作った新郎さまのタイや、赤のローズメリアのブーケ。雑誌のモデルさんのような斬新なトータルスタイルが完成しました。ブライダル関係者にも驚くほど大好評で!楽しくお仕事させていただきました。

また後日のハワイでのお式の報告も、楽しみにしています♪

ウエディングドレス~ゲストドレスへ

数年前に購入されたウエディングドレスを、お友達の結婚式に着るためのゲストドレスとして、お仕立て直しをさせていただきました。

セミタイトのアンダードレスに、ドレスの素材サテンを使用し、ブラックのオーガーンジーを被せて、オフホワイトの透け感を感じさせるデザインにしました。
元のウエディングドレスのスカート部分にも、たっぷりのオーガンジーを使用したデザインだったので、ほんのりドレスのデザインの名残を感じさせてくれる仕上がりになったでしょうか。

合わせてお作りしたバッグは、ドレスの見頃に使用されていたレース生地です。たっぷりのキラキラしたビーズがついた生地を生かして、クラッチ型のパーティーバッグに仕上げました。持ち手やコサージュも、ドレスの付属をそのまま使わせていただきました。

ゲストドレス